ボランティアセンター

ページ内リンク
ボランティア・市民活動センター ボランティア保険
ボランティア活動団体への支援 災害ボランティアセンター

ボランティア・市民活動センター

ボランティア・市民活動センターってどんなところ?

ボランティアをしたい人とボランティアを紹介してほしい人などの架け橋となっています。

ボランティア活動を
したい人
ボランティア・市民活動センター
〇ボランティアに関する相談・紹介・調整
〇ボランティアに関する情報提供
〇ボランティアに関する事業の企画・運営
〇ボランティア活動保険
〇ボランティア活動の紹介、発表の場の提供
〇ボランティア活動団体への支援
〇その他、ボランティアの振興に必要なこと
ボランティアを紹介
してほしい人

どんな活動が「ボランティア活動」なの?

「ボランティア活動」とは、次の4つの性格を持った活動をいい、その活動をする人を「ボランティア」と呼んでいます。

①自主性・主体性

周りの人から強制されるのではなくて、自分の考えで積極的に活動することです。

②社会性・連帯性

誰もが幸せに暮らしていけるように、みんなで協力し、支え合い、学びあう活動です。

③無償性・無給性

お金を求める活動ではなく、お金では得られない出会いや発見、感動、喜びを得る活動です。

④先駆性・創造性

今、何が必要とされているのかを考えながら、よりよい社会を自分たちの手で創る活動です。

どうしたらできるの?

まずは、「活動をやってみよう」という「自発的・自主的」な気持ちが大切です。今は、全国どこでも「自分の住んでいる街」に社会福祉協議会の「ボランティア・市民活動センター」があります。そこには、「ボランティアコーディネーター」がいて、活動紹介や情報の提供をいたします。
ボランティア活動のことで「知りたいこと」「聞いてみたいこと」 があったら、何でも相談してください。多くの友人と出会い、新しい自分発見の場となることでしょう。

ボランティア相談例

ボランティアをしてみたいという方に対して、随時相談を受け、その方の希望する、また活動に該当する市内のボランティア活動について紹介することができます。
そのほかにも、全国的・県域的なボランティアに関するネットワークから、相談される人に必要な情報を提供します。

(例1)

Q 手話の勉強をしたいので、勉強できるところはないか。
また、実際に手話を活かした活動はないか?
A 手話を勉強するには、まず初心者向けの講座(入門手話講習会)を受講することをお勧めします。
その後、市内には「志木手話サークル」という会があり、実際に手話を活かした活動をしているので、紹介できます。
(初心者向けの講座は、他にもはじめてのボランティア講座、点訳・朗読講習会等を実施しています。)

(例2)

Q 県外や市外で災害で、被災された人に何かしてあげたい。
A 全国的なボランティアネットワークを活用して現地の情報を収集し、現地でできること・必要とされていることなど、状況に併せてご相談いたします。

ボランティア活動保険

ボランティア活動中の事故に備え、安心して活動できるように、保険の受付や事故後の対応等を行います。また、保険料の一部補助を行い、ボランティア活動の振興を図っています。

(1) 補償内容

○傷害事故 ボランティア自身がけがをした場合

○賠償事故 他人にけがをさせてしまった、他人のものを壊してしまった場合

(2) 有効期間

年度での加入となり、加入日の翌日からその年度の3月31日までとなります。なお、3月から翌年度の加入受付を開始しています。

(3) 掛け金(年額)

350円(Aプラン)と510円(Bプラン)のプランがあり、補償金額(保険金額)は下記の表のとおりです。

志木市社協では、加入促進のため、市内在住又は市内での活動、市内に拠点を置くボランティア団体の会員の加入に対し、200円を補助しています。(Aプランの場合 150円×加入者数、Bプランの場合 310円×加入者数)

令和元年度 Aプラン Bプラン
ケガの補償 死亡保険金 1,040万円 1,400万円
後遺障害保険金 1,040万円(限度額) 1,400万円(限度額)
入院保険金日額 6,500円 10,000円
手術保険金 入院中の手術 65,000円 100,000円
外来の手術 32,500円 50,000円
通院保険金日額 4,000円 6,000円
特定感染症の補償 上記後遺障害、入院、通院の各保険金額に同じ
葬祭費用保険金(特定感染症) 300万円(限度額)
賠償責任の補償 賠償責任保険金(対人・対物共通) 5億円(限度額)

(4) 加入方法

ボランティア・市民活動センター窓口において、所定の申込書に掛け金を添えて加入希望日の前日までに提出してください。

(5) 天災タイプ

被災地で災害ボランティア活動をする場合は、「天災タイプ」の加入をお勧めしています。天災タイプでは、天災(地震、噴火または津波)に起因する被保険者自身のケガを補償します。掛け金は500円(天災タイプAプラン)と710円(天災タイプBプラン)があります。

(天災危険担保特約条項。なお、賠償責任の補償については、天災に起因する場合は対象になりません。)

その他保険について詳しくはこちら  ふくしの保険
https://www.fukushihoken.co.jp/

ボランティア活動団体への支援

ボランティア活動団体への助成

市内で活動するボランティアグループに対する助成を行っています。
詳しくは「地域福祉活動助成金」へ

ボランティア活動の場の確保、情報提供など

市内で活動するボランティアグループに対し、随時相談にのっています。

災害ボランティアセンター

災害ボランティアセンターは、大規模な災害時によって多くの市民が被災し、市内でのボランティア(支援者)の確保が困難となった時に、市外からのボランティアが円滑に活動していただけるように設置されるもので、志木市社協は、志木市における大規模な災害時に災害ボランティアセンターを設置し、被災者の支援を行います。

災害ボランティアセンターの役割

災害ボランティアセンターは、被災者の困っていることを緩和し、被災者自身の力を高め、生活復興・自立のための支援を行っていくため、以下のことを行います。
(1)被災者のニーズ把握
(2)ボランティアのコーディネート
(3)活動の安全管理
(4)資金、資機材などの調達、管理・運用
(5)中長期的な被災者支援と復興に向けたプランニング 他

被災地に向かわれる人へ

志木市ボランティア・市民活動センターでは、市外・県外で災害があった場合には、次の対応をしています。
(1)ボランティア活動保険(天災タイプ)の加入受付
(2)活動するために必要な注意事項や情報提供
(3)埼玉県共同募金会志木市支会として、災害義援金の受付

全国社会福祉協議会 https://www.shakyo.or.jp/bunya/
saigai/index.html
埼玉県ボランティア・市民活動センター http://www.fukushi-saitama.or.jp/site/volunteer/shinsai_volunteer.html

お問い合わせ

志木市ボランティア・市民活動センター(地域福祉課 地域福祉担当)
電話  048-474-6508
FAX 048-475-0014